出産内祝いのマナー

出産内祝いは誰に送ったら良いの?

一人目の子供を出産した人の中には「内祝い」と言う言葉を初めて聞いたという人もいるかもしれませんね。近年の出産内祝いは“出産祝いをいただいた人へのお返し”として考えるのが一般的となっていますが、本来の出産内祝いとは、出産祝いのお返しを意味する言葉ではないということを知っていましたか?

昔は、赤ちゃんが生まれた時に、お祝いとお披露目を兼ねて、親類縁者や友人、近所の人達などを自宅に招いて宴を開いていました。その際に、遠方に住んでいるなどの理由から、宴の席に招くことの出来なかった人に、あいさつに代わるものとして贈っていた品物が本来の内祝いなのです。つまり、出産内祝いを贈る相手は、出産祝いをいただいていない人や、これからお世話になる近所の人達でも構わないことになります。ただし、その場合は相手の負担にならないようにある程度の配慮をすることも必要です。子供をお披露目する意味を込めて、あまり高価になり過ぎない品物を贈るようにしましょう。

では、具体的には、どれくらいの範囲の人達まで贈ることが一般的なのでしょうか?出産祝いをもらったとしても、両親や義理両親には贈らないのが一般的ですし、兄弟姉妹などの近い親類の場合も内祝いを贈らないケースが多いようです。ただし、家柄によって考え方や風習が異なるので、両親や義理両親と相談をしながら、内祝いを贈る範囲を決めるようにしましょう。 また、会社の人の中には「内祝いはいらないから」などと言ってくれる人もいますが、これからお世話になる人や、今までお世話になってきた人に対しては、必ず贈るようにしましょう。

○注目サイト
出産内祝いの贈り物としてぴったりな高級米の詰め合わせセットの通販サイトです >> 出産内祝い

出産内祝いにタブーな贈り物とは?

出産内祝いのように、祝い事のお返しとして品物を贈る場合は、相手に対して縁起の悪いものや、失礼にあたるものを贈ってはいけないと慎重になるものです。 出産内祝いに贈ることがタブーとされる代表的な品物には、刃物、緑茶、履物、・・・

出産内祝いの「のし」のマナー

出産内祝いをデパートで購入する場合や、カタログから注文をする場合などは、お店の担当者に出産内祝いであることを伝えることで、細かい指示をおこなわなくても適切なのし紙をつけてくれるため、自分達でのし紙を選んで記入をするケースは少なくなりましたが、・・・

出産内祝の金額

最近の出産内祝いのかたちは多様化をしており、さまざまな種類の品物がありますから、どれくらいの金額の品物を贈ることが妥当なのか、本当に迷ってしまいます。 出産内祝いを、出産祝いをいただいたお返しと考える場合には、いただいた・・・